信仰告白

日本バプテスト連盟 東山教会 信仰告白  (1968年に日本バプテスト連盟に加盟した時のもの)

日本バプテスト連盟、東山教会は、バプテスト本来の聖書的信仰に基き、次のことを告白します。

1.聖書の権威

聖書は神の霊感によるもので、神の人類救済の聖意志を啓示し、われらの信仰と生活の唯一、完全、真実の基準であることを信じます。

2.真の神

われらは、唯一で真の生ける神を信じます。

神は、全知全能で天地の創造主、父、子、聖霊の三位一体の神であり、人類救済の聖業と世界の支配において、愛と義を現わされた神であることを信じます。

3.人間の堕落

我ら人間は神の像にかたどって創造されたが、神への不従順によって罪に堕ち、永遠の滅びに定められた存在であることを信じます。

4.贖罪と義認

神は、処女マリヤより生まれたもうた神のひとり子イエスをお与えになったほどにこの世を愛されました。

我ら罪人は、イエスの贖罪の死と復活を信じる信仰によってのみ、完全な救いと永遠の命を受けます。

これはただ、神の恩恵によるものであって、人間の努力ではないことを信じます。

5.悔い改め、信仰、新生、聖化、選び

人間が救われるためには、罪の悔い改めとイエスを救い主と信じる信仰により新生しなければなりません。

同時に、我らに働かれる聖霊の教導によって新生の経験をして、完全な成果に至ります。

神の選びは、神の永遠の目的であることを信じます。

6.教会

教会は、福音を信じ信仰告白をしてバプテスマを受けた信者の群れであり、主イエスを教会の頭とし、礼典を守り主にある交わりを深め、福音を宣べ伝える共同体であることを信じます。

教会の役員は牧師と執事でその職能はテモテ、テトスの書に示されています。

7.バプテスマと主の晩餐

バプテスマは、父、子、聖霊の名によって行われる信仰者の水の浸礼であり、この形において十字架にかけられ死んで葬られ復活された主イエスキリストを信じる我らの信仰をあらわし、

これによってキリストにあずかり、我らが罪に死に新しい命に誕生したことを象徴し、そしてバプテスマが、教会の交わりに入るための不可欠の礼典であることを信じます。

主の晩餐は、パンとぶどう酒とを用い、主の再臨まで厳格に自己反省してこれにあずかり、キリストの贖罪愛を記念して行う礼典であることを信じます。

8.主の日

我らは、一週の初めの日(日曜日)を主の日としてキリストの復活を記念し、この日に礼拝を守り、福音の目的のため、またそれぞれの魂のためにきよく守るべきことを信じます。

9.教会と国家

国の政府は神の定めであり、人間社会の正義と秩序のためであることを信じ、我らは我らの良心の唯一の主であり王の王であるキリストのみ旨に反しない限り、国家、政府のために祈り、

良心的にこれに従うべきものであることを信じます。

10.来世

我らは、この世の終末が来ることを信じます。その時にキリストは再臨してこの世を審判し義人は永遠の祝福に不義の人は永遠の滅びに定められることを信じます。

 

(

LINKS

2018/07/21